ロングスリーパーの二度寝、三度寝対策

年齢 30歳
職業 パート

 

私はいわゆるロングスリーパーです。
仕事で睡眠時間が少ない平日はいつも朝戦っています。

 

自分が何時間くらい寝ると生活に支障がないか把握するのも大切です。
私は8時間なので、起きる時間から逆算して、なるべくその時間には寝るようにしています。6時に起きたいなら22時までには布団に入るようにしています。

 

二度寝三度寝しないで起きる方法として様々なことをしてきました。

 

一つ目は、目覚ましを複数使うことです。

 

6時30分に起きるとします。一個目の目覚まし時計は自分の頭の近くに6時に設定して置きます。もう一つの目覚まし時計も6時に設定して歩いて動かないと届かない場所に置きます。そして三個目の目覚まし時計も6時に設定して、もっと離れたところに置いておきます。例えばドアを開けた先などです。

 

動くことで目が覚めるのでけっこうオススメです。それでも起きれない人は、近くに洗面所やトイレなど寒いところに置くのもいいです。洗面所ならそのまま顔を洗ったり、トイレなら朝一番に排泄をするです。

 

それでも疲れているときは、またベッドに戻って寝てしまいます。
そんな人は携帯の目覚ましをバイブレーション付きにしてセットします。

 

 

6時15分くらいに設定して置くことで、先ほどの目覚ましを全部止めて、再び布団に入ってウトウトした頃にブーブーと振動と共に目覚ましがなるとビックリして起きれます。なるべく体に近いとこに置くとより効果的です。

 

携帯のスヌーズ機能を使う方には、音楽をこまめに変えることをオススメします。

 

音楽に慣れると刺激がなく、全然起きれなくなります。
音楽を変えることで、聞き慣れない音がするとビックリするので目が覚めやすいです。私は会社からの着信音を会社用専用にしています。

 

この会社用の着信音を目覚ましに設定するのもオススメです。会社からの電話だと思い、やばいと飛び起きます。心臓どきどきしますが。

 

あとスピリチュアル的なことになるのですが、寝る前に「明日は6時に起きる」と考え、起きてからの行動をシュミレーションします。そしたら、なぜか不思議なことに起きれます。脳に言い聞かせてる感じだからかもしれないと私は考えます。この明日は何時起きで起きてからの行動をシュミレーションしてから寝て、目覚まし複数使いに携帯目覚ましにバイブレーション付きをしてみてください。これで二度寝は防げます。

 

あと、睡眠時間の90分周期を利用すると起きやすいと言われています。

 

私はあまり効果がなかったのですが、これですんなり起きやすくなる方もいるみたいなので試してみてください。